スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学期

「おきて・・・」

誰かが呼んでいる気がする

「おきてってば・・・」

起きる・・・?
あぁ、寝てたのか、俺は

「ちこく・・・するから・・・」

遅刻?
何か約束でもあったかな
それにしても・・・

『女の子に起こして貰えるってのは・・・良いな』

無題
「ボクは男だよっ!!」







『・・・・・・悪い』

「第一、ここ男子寮なんだから
 女子は入って来れないじゃん!」

『それもそうだ』

杏のやつ、こんなナリでも男なんだよなぁ
勿体無い・・・とまでは言わんが
色々変な苦労はしてるらしい

『それで・・・わざわざ起こしに来るとか、何の用だ?』

杏「何の用って、今日から新学期だよ!?」

───は?
カレンダーを見る
今日は・・・4月7日
確かに今日からまた憂鬱な勉強の日々だ
続いて時計を見る
7時45分

『・・・・・・はぁ!?』

通学時、目覚ましはいつも7時にセットするようにしている
・・・もちろん、日付を見てなかった為セットしていないが

『どうすんだよこれ!』

杏「こっちが聞きたいよ!
  なかなか出てこないから心配して見に来たらこれだもん!」

やべぇ、朝から変な汗出てきた
とにかくすぐに着替えないと!

杏「!?
  い、いきなり脱がないでよ!」

『着替えないと間に合わねぇだろ!
 ってか男同士で今更騒ぐなよ!』

杏「それはそうだけど・・・
  とにかく、ボクは外で待ってるからね!」

変な所気にするやつだな・・・
同性の幼馴染ってか腐れ縁なんだし
本当に今更何言ってるんだか・・・


────────────


『おはようございます!』

ココア
「・・・うん?
 あぁ、おはよう」

寮母の黒さんがマグカップ片手に優雅な朝食
・・・ちなみにコーヒーではなく、砂糖たっぷりのココアだ

黒「今日は朝から騒がしいと思ったら、新学期だったか」

『早々に寝坊してますけどね!』

黒「その分だと、朝食を食べて行く時間は無さそうだな
  そこの握り飯でも持って行くと良い」

『すいません、わざわざこんな用意まで』

黒「私も少し寝過ごしたから、人の事は言えんさ」

確かに、今日は黒さんもちょっと眠そうだ
・・・よく見ると寝癖もある
意外と愛嬌があると言うか、変な所抜けてるよなぁ
って、人の観察してる場合じゃねぇな

『それじゃあ行ってきます!』

黒「行ってらっしゃい」

黒さんに見送られながら寮を飛び出す
そういえば、まさかこんな時間まで待ってないだろうな・・・
もう一人の腐れ縁の事を思い出しながら
俺と杏は学園へと走り出した
続きを読む
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

レイ

Author:レイ
職業:ブリーダー
主な生息地:南稼動橋
擬人ネコの為に散財中
狩り<まったり会話

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。