スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン開始?

アルマ人気投票 結果発表
3位

ミニー「ミニーが3位に入ったのよぅ!」
バルル「まぁ、おめでとうですよ」

シホ「おめでとうございます♪」

メディ「かなりの接戦だったみたい」

デス「なかなかやるではないか」

プルル「2位から4位まで40票くらいしか差が無いよね」

ミニー「ばるるんがもうちょっとがんばれば
    一緒にデビューできたのに~・・・」

バルル「無茶言わないでくださいよ・・・
    むしろあたしが頑張っても意味無いじゃないですか」

デス「サービスシーンでも披露すれば
   人気が集まったのではないか?」

シホ「ルル様の・・・」

ギリッ

メディ「・・・・・・(ギリッ」

バルル「いや、やりませんからね?
    あとメディ子怖いからやめてください・・・」

デス「しかし惜しいな・・・
   猫娘も相当な人気を持ってはいるはずなのだが」

バルル「そう言われましてもね
    まぁ、何と言うか・・・あれですよ
    ローキーさんの上に行くのは気が引けると言うか・・・」

ミニー「そんなことじゃアイドルデビューなんて
    夢で終わっちゃうじゃない!」

バルル「別にあたしは目指してませんよ!?」

プルル「うーん・・・ちょっと気になったんだけどさ」

ミニー「なになに?」

プルル「アイドルって実際どんな事やるのかな?」

シホ「そういえば・・・あまり知りませんね」

メディ「アタシのデータベースには無いかな」

ミニー「そりゃあ歌って踊ってカワイイ感じでしょ♪」

デス「それでも概ね間違ってはいないだろうが
   ふむ・・・説明するとなると厄介だな」

バルル「まぁここまで自身あるくらいなんですし
    その歌って踊るくらいの事はできるんですよね?」

ミニー「え? なんで??」

バルル「えっ?」

シホ「あら・・・」

プルル「それってもしかしてやばいんじゃ・・・」

デス「もう収録まであまり日が無いぞ」

ミニー「ちょ、ちょっとどーすんのよぅ!?」

メディ「今から歌の練習・・・?」

バルル「練習って言っても無理があるんじゃないですかね」

シホ「何か方法は無いのでしょうか?」

プルル「誰かに教えてもらう・・・とか」

デス「そう簡単に師が見付かるとでも・・・」





「なんか呼ばれた気がして」



あいどる
スピカ「ペット界のアイドルが颯爽と登場なのだ!」

シホ「ペット界の・・・」

メディ「アイドル?」

ミニー「本物のアイドルがこんなところに!」

バルル「なんかすごい胡散臭いんですが・・・」

デス「何故ここの連中はこうも突然現れるのだ・・・」

プルル「いや、デスも人の事言えないと思うけど」

スピカ「スッピーが見事なアイドルに育成してやるのだ!」

ミニー「よろしくおねがいします、せんせー!」

ししょう

スピカ「海賊船に乗ったくらいの気持ちでいると良いのだ
    早速レッスンを開始するのだ~♪」




バルル「ものすごく不安なんですが大丈夫なんですかね・・・」

デス「キノセイという事にするしか無いだろう」

プルル「なんて言うか、波長はぴったりな組み合わせだと
    思うけどね・・・」

シホ「でも何故いきなり現れてあんな事を?」

デス「余が知る訳無いだろう
   あの系統の思考は全く分からん」

バルル「ただの暇潰しとかも十分ありえそうですよね」

シホ「暇潰しでアイドル育成ってすごい・・・」

メディ「・・・スッP、か・・・」
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

レイ or 勇陽

Author:レイ or 勇陽
ネコマタ杏です
終了の知らせを受け
色々と動く事に。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。