スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

召喚事故

レイ「暇だ」

修哉「普段が騒がしくなったから余計にそうだろうな」

レイ「暇潰しに死神でも呼んで」

修哉「明らかに呼ぶ相手を間違ってるだろう・・・」

レイ「良いから早くしやがれ」

修哉「分かった、分かったからその爆薬を仕舞え」

レイ「死霊程度じゃ面白くないんだよねぇ」

修哉「人のスキルを何だと・・・まぁいい、いくぞ」
こたえ

デス「──は猫娘の・・・うん?」

レイ「・・・」

修哉「・・・は?」

デス「・・・一体何が起きた」

レイ「なんであんたがいきなり出てくるんだ」

デス「レイリーエではないか、何故ここに?」

レイ「何故ってわたしの家だし」

デス「なるほど、しかし先程の感じは召喚の筈だが」

レイ「あー、そういえばあんたも死神だっけ」

修哉「死神・・・この子が?」

デス「ほう、そなたは死霊使いか」

修哉「まぁ一応はな」

デス「召喚したのはそなたで良いのだな?」

修哉「君のような子が出てくるのは完全に予想外だったが」

デス「それで・・・用件は何だ?」

レイ「暇潰しに付き合え」

修哉「・・・という事らしい」

デス「なるほどなるほど、要するに喧嘩を売っておるのだな」

レイ「暇さえ潰せれば何でも良いさ」

修哉「やるなら外でやってくれ・・・」

デス「ふむ、やるのは構わんが授業中だったのでな
   連絡だけ先に入れさせて貰うぞ」

レイ「しかも丁度答えを言おうとしてたよね」

デス「うむ・・・そうだな、それなら・・・」





デス『あーあー、猫娘よ、聞こえるか?』

心配

バルル『デス!? ど、どーしたんですかいきなり!?』

デス『なんだ、余の事を心配でもしてくれておるのか』

バルル『そりゃいきなり消えたりしたら心配もしますって!』

デス『それは済まなかったな
   ちょいと死神として召喚されてしまったようでな』

バルル『はぁ? ・・・あー、そういえば死神でしたっけ』

デス『そなたらは余の事を何だと・・・ええい、もう良い
   今日は恐らく戻れそうにないのでな
   アミスにもその事を伝えて欲しいのだよ』

バルル『分かりました・・・って、何であたしなんです?
    わざわざチャットルームまで使うくらいなら
    自分で事情話せば良いじゃないですか』

デス『それもそうだったか
   余とした事がついうっかりしておったわ』

バルル『まさか、何か企んでたりしてません?』

デス『いやいや、単に間違えただけだぞ?
   それより先程の問いへの回答だがな』

バルル『あんたが答えようとしてたやつです?
    えらく自信満々だったみたいですけど・・・』

デス『うむ、それもそなたから伝えておいてくれ』

バルル『はいはい分かりましたよ・・・で、答えは何です?』

デス『そなたのバストサイズと同じだ』

バルル『あたしのバストサイ・・・はぁ!?

がたっ!

ミニー『ばるるんの!?』(ガタッ

がたっ!!

シホ『バストサイズ!?』(ガタタッ

バルル『ひっ!?』

デス『しっかりと答えておいてくれ・・・ではな』

バルル『え、ちょ、ちょっ──』




デス「コレデヨイ」

修哉「ほんとに良いのかよ・・・」

デス「さて、これで連絡も済んだ訳だが」

レイ「ふむ・・・」

デス「えらく神妙な顔になったが、どうした?」

レイ「さっきの情報・・・言い値で買おう」

デス「・・・ほう」

修哉「おい、どこからツッコミを入れれば良いのか分からんぞ」

デス「ちなみに、アミスを含む全員分があるが」

レイ「全部だ」

わるよのぅ

デス「フフフ・・・お主も悪よのぅ」

レイ「いえいえ、死神様程では・・・」

修哉「ダメだこいつら・・・」
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

レイ or 勇陽

Author:レイ or 勇陽
ネコマタ杏です
終了の知らせを受け
色々と動く事に。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。