スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業してから

プルル「ねぇバルル、私にも何か手伝えないかな?」

バルル「そうですねぇ・・・
    それじゃ、にんじんの皮むいててくれます?」

プルル「うん、やってみる!」

ミニー「にんじんと聞いて!」

バルル「あんたは大人しくしてて下さい」

ミニー「(´・ω・`)」
ぷるぷるりょうり

プルル「・・・痛っ!」

バルル「ん? あー・・・軽く指切っちゃいましたか」

プルル「こ、これくらいなら全然平気だから」

バルル「まぁ舐めときゃすぐ治る程度で良かったです
    ・・・にんじんの方はザックリいってますけど」

プルル「ゴメン・・・加減が分からなくて・・・」

バルル「最初は誰でもこんなもんですって
    皮付きの部分はミニ子にでも食わせときますし」

ミニー「なんか最近ばるるんが冷たい・・・
    はっ! これがウワサの倦怠期ってやつ!?」

バルル「だからなんであんたはそういう発想になるんですか!」

プルル「相変わらず仲が良いね・・・」















空「今日は何を読もうかなーっと・・・」
ぷるぷるぶつける

空「!?」

プルル「きゅぅ・・・」

空「ちょ、ちょっと大丈夫!?」

プルル「目がちかちかするけど大丈夫・・・」

空「一体何があったのさ?」

プルル「上の方の本を取ったら隣の本が落ちてきて・・・」

空「それが頭に当たっちゃったのか」

プルル「うん」

空「あー・・・辞典が当たればそりゃ痛いよねぇ・・・」

プルル「ごめんね心配かけて」

空「ケガさえ無ければそれで良いさー」















「はぁー・・・」

「何やってもダメだなぁ、私・・・」

「卒業したのに、笑顔で送り出してくれたのに」

「みんなに心配かけてばっかりで・・・」
おふろ

(アミス・・・)

「・・・そうだ」

「このままじゃダメなんだ」

「一人前になって帰るって約束したんだから」

「一人の冒険者として、もっと色々・・・」

「うん」
ぷるぷる決意

「私にできる事、探してみよう」
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

レイ or 勇陽

Author:レイ or 勇陽
ネコマタ杏です
終了の知らせを受け
色々と動く事に。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。