スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしてリア充へ・・・

菫「修哉さん、そろそろ朝御飯なので起きて下さいねー」

修哉「・・・・・・ん・・・あぁ、朝か・・・」
添い寝

セツカ「おはようございます、マスター」

修哉「・・・おい」

セツカ「何でしょうか?」

修哉「何をやっている」

セツカ「添い寝ですが、何か」

修哉「何時の間に潜り込んだ・・・?」

セツカ「昨晩マスターが寝入ってすぐですね」

修哉「・・・そうか」

山吹「イチャついとる所悪いけど、朝メシ冷めてしまうで?」

セツカ「む・・・それは一大事だ、早く起床を」

修哉「・・・はぁ」








あーん

セツカ「マスター、どうぞ」

修哉「自分で食える」

セツカ「そう・・・ですか」

空「あーあ、泣かせたー」

修哉「いや、泣いてはいないだろ」

桃「確かに泣いてはないけど、恋する女の子は繊細なんだよ
  修哉さんも気を使ってあげなきゃ・・・ね、茜ちゃん♪」

茜「な、なんであたしに振るのよ!」

緑「・・・杏なら、絶対食べる」

茜「───!」

杏「・・・? 呼んだ?」

桃「ほらほら、茜ちゃーん」
お手本

茜「ぅ・・・ほ、ほら、その・・・ぁ、あーん・・・」

杏「あむっ」

茜「っ!!」

緑「ほら、ね」

杏「ありがと~、おいしいよ茜♪」

茜「あ、当たり前でしょ!
  菫ねえさんが作ったご飯なんだから」

杏「それもあるけど、やっぱり茜に食べさせて貰ったからね♪」

茜「~~~!? バ、バカな事言ってないで早く食べるわよ!」

桃「・・・あれ、茜ちゃん
  それさっき杏ちゃんにあーんしたスプーンじゃ・・・」

茜「へ? ・・・・・・!?!?

藍「か、間接キス・・・(ぽっ」

杏「もう、相変わらず慣れないなぁ茜は」

セツカ「・・・」

修哉「・・・」

セツカ「マスター、アレを見て羨ましいとか思いませんか?」

修哉「いや、特には・・・」

セツカ「私は羨ましいです」

修哉「はぁ・・・やれば良いんだろ」

セツカ「! では、失礼します」

修哉「ん・・・まぁ、いつもの味だがな」

セツカ「味が変わる、というのは私にも理解できません」

レイ「どうでも良いけど、とりあえず爆発してくれないかな?」

修哉「食卓に火器を持ち込まないでくれ・・・」








ご一緒

セツカ「マスター、何処へ行かれるのですか?」

修哉「ただのクエストの納品だ」

セツカ「ご一緒します」

修哉「・・・どうせ断っても付いて来るんだろ?」

セツカ「もちろんです」

修哉「もう諦めるか・・・」

セツカ「是非諦めて下さい」

白「あら、お二人共デートかしら~?」

セツカ「あぁ、その通りだ」

修哉「そういう事にしたいらしい」

白「うふふ♪
  何だかんだ言って、満更でも無さそうに見えますよ♪」

修哉「ふん・・・」

黒「大変そうだな」

修哉「お互い様だろ?」

黒「さて・・・どうだろうな」

修哉「まぁ色々と共通点は多そうだし
   何かあったら相談させてもらうかな、センパイ?」

黒「ふ・・・私に助言できる事であれば、な」

黒(・・・もっとも、その必要はあまり無さそうだが)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

レイ or 勇陽

Author:レイ or 勇陽
ネコマタ杏です
終了の知らせを受け
色々と動く事に。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。