スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後悔と希望

黒「主よ、少し尋ねたい事があるのだが」

レイ「んー?」
だらしねぇな

黒「・・・・・・
  他にも色々と言いたい事はあるが・・・
  まぁ今は不問としておこう」

レイ「で、何?」

黒「白の様子について何か知ってる事があれば、と」

レイ「様子、ねぇ・・・」

黒「我らの事を常に把握している主ならば何か───」

レイ「あんたってさ・・・
   戦闘以外ではかなり鈍感だよね」

黒「なっ!?」

レイ「相手の事を考えるよりも先に
   自分がどうしたいか考えてみなよ」

黒「自分が・・・?
  でもそれでは・・・」

レイ「わたしから言えるのはそれだけ」

黒「・・・・・・そう、か」







レイ「全く・・・なんでわたしがここまで動いてるんだろ」












迷い

黒(私がどうしたいか・・・?)

黒(原因は私にあるという事なんだろうか・・・)

黒(しかし・・・心当たりが・・・)

亜理紗「・・・あら?
    レイの所のネコ・・・よね?」

黒「ん・・・あぁ、亜理紗殿か」
私服亜理紗

亜理紗「人型だから少し驚いたけど
    こんな所で悩み事してたら風邪引くわよ」

黒「・・・雨が、降っていたのか」

亜理紗「そんな事にも気付かないなんて、相当ね・・・」

黒「心配をかけてしまってすまない」

亜理紗「良かったら話してみない?
    少しは力になれるかも知れないし」

黒「・・・・・・・・・
  あぁ、そうだな・・・」












亜理紗「・・・で、心当たりも無いのに
    相手が怒ってしまっていると」

黒「・・・・・・」

亜理紗「レイは自分のやりたい事をやれって
    そう言ったのよね?」

黒「あぁ・・・だが・・・」

亜理紗「自分がどうしたいのか分からない、と
    そして、それで相手が変わってくれるのか
    自信が無い・・・そんな所ね」

黒「何故そこまで・・・」

亜理紗「本当に分かってないの?」

黒「・・・何?」

亜理紗「本当は自分のやりたい事
    気付いてるんじゃないの?」

黒「・・・・・・」

亜理紗「ただそれをやってしまうと
    今までの関係が壊れてしまうかも知れない
    それが怖いから実行できない」

黒「亜理紗殿・・・貴女は・・・」

亜理紗「・・・・・・
    やらないで後悔するよりも
    やってから後悔するべきよ」

黒「私は・・・」

亜理紗「それとも、貴女にとってその相手は
    自分の想いを伝えるに足らない
    その程度の───」

黒「そんな事は無いっ!!」

亜理紗「・・・その想い
    そのままぶつけてみなさい」

黒「あっ・・・」

亜理紗「私がここまで関わったんだもの
    絶対に、失わないでよ?」

黒「・・・・・・ありがとう」

亜理紗「礼は全部終わってからにして頂戴」

黒「あぁ・・・そうだな」

亜理紗「それで、時間の余裕はあるのかしら?」

黒「すまない、そこまで気にして貰って・・・
  今すぐ探して来る」
礼

亜理紗「そう・・・
    さっきの想い、忘れないようにね」

黒「あぁ・・・当然だ!」














亜理紗「・・・・・・・・・」








亜理紗「頑張りなさいよ」







黄昏

亜理紗「失ってからじゃ・・・遅いんだから」
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

レイ or 勇陽

Author:レイ or 勇陽
ネコマタ杏です
終了の知らせを受け
色々と動く事に。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。